一生独身 女性 割合

一生独身女性の割合は?

結婚は、人生最大のイベントといってもよいほど重要なことです。
しかし近年「晩婚化」が進み、初婚年齢は男女ともに高くなってきています。

 

これは「自分の好きなことをやる」という意思を持った人が
増えてきているということでもあります。

 

では、「一生独身の女性」の割合はどのくらいなのでしょうか。

 

だいたいですが、一生独身の女性の割合は「10人に1人」だそうです。

 

とあるデータでは一生独身の女性は全体の27%というのもありますから、
実際にはもっと多いのかもしれません。

 

実は、「一生独身」の人の割合を出すのはとても難しいのです。

 

一生独身の女性は10人に1人以上!?

この「10人に1人」という数字は、50歳の時点で結婚経験があるかどうか、
を指標にしています。

 

女性の場合は、たとえば出産経験があっても結婚経験はないという人がいたり、
離婚して今は独身だという人もいますので、
「一生独身」の人の割合を出すのはとても難しいことなのです。

 

本来なら「一生独身」というのは「一度も結婚経験がない人」のことですから、
離婚経験者は含まれません。

 

とは言え、「一生独身の女性」が
年々増えてきていることは間違いないと思います。

 

もちろんこの中には、「好きで結婚しない」という人も含まれます。

 

仕事が楽しい、自由に生活できるなど「独身のメリット」もありますから、
一概に一生独身が悪いことだとは言えません。

 

女性の社会進出が進んだことも、
独身の人の後押しをしているのかもしれませんね。

 

しかし、一生独身だということは「一生働かないといけない」ということです。

 

一般的には女性の特権である出産も経験できませんし、
家庭を持つという安心感を得ることもできません。

 

病気になったときのリスクは否めませんし、
世間から「売れ残り」という目で見られることもあるかもしれません。


一生独身の女性がするべき覚悟・準備とは?

ある程度の年齢までいくと、「このまま結婚できないかも」
「一生独身なのかもしれない」と突然不安に感じることがあると思います。

 

特に長く付き合った恋人と別れたときなどに、
そう感じる人が多いようです。

 

では、「一生独身の女性」がするべき覚悟と準備とは、
どのようなものなのでしょうか。

 

詳しく見ていきたいと思います。

 

まずは、「孤独な老後を迎えるかもしれない」という覚悟です。

 

定年後まで見据えて覚悟を持つ

友人や知人が夫や子供、孫との「第2の人生」を謳歌しているときに、
あなたは独りなのです。

 

一緒に食卓を囲む相手もおらず、
話し相手すらいないという「孤独」を迎えることになるかもしれません。

 

今はまだ、仕事や仲の良い友人がいるから問題ないかもしれません。
しかし、定年したあとは?仲の良い友人が家庭を持ったら?

 

その孤独や疎外感に、あなたは耐える覚悟がありますか?

 

次に準備しておかなければならないのは「老後のお金」です。
生活費はもちろん、年をとればそれだけ病気にもなりやすくなります。

 

夫と2人暮らしでも1人暮らしでも、
実は生活費はそこまで大差ないのです。

 

定年退職したあとの生活費や医療費は、
独身ならもちろん自分で全て用意しておかなければなりません。

 

もしものための介護費用なども必要です。

 

最近ニュースでよく耳にする「孤独死」ですが、
一生独身ならそれも覚悟しなければならないのです。

 

あなたにはその覚悟がありますか?

 

老後に少しでも不安を感じたなら、今からでも積極的に「婚活」をしてみましょう!
30、40歳を過ぎていても、婚活は十分可能です。

 

結婚相談所で出会いを見つけるという選択

おすすめは、結婚相談所の最大手であり
楽天グループの楽天オーネットです。

 

20数項目の設問に回答するだけの
無料オンライン結婚診断「チャンステスト」をやっていますよ。

 

年収や年齢、趣味など条件に合う人を紹介してもらえますから、
自分にぴったりの人が見つかるかもしれませんよ!

 

いつ出会いが訪れるのかは誰にもわかりません。

 

どんな人を紹介してもらえるのか、無料診断だけでも
試してみることをおすすめします。

 

楽天オーネットの公式サイトはこちら